フィナステリド 効果

脱毛で悩んでいる人が現在使用でき、
医療機関での処方が可能なものが、
フィナステリドという成分を配合したプロペシアという飲み薬になります。

 

このフィナステリドという成分には、
男性型脱毛症と呼ばれるAGAの進行を阻害し、
食い止める効果が認められている成分のため、
AGA患者の人がフィナステリドを摂取することにより
その脱毛を抑えることが可能になります。

 

男性型脱毛症であるAGAの原因は、
男性ホルモンのテストステロンと、
α5リアクターゼという物質が結びつくことにより
脱毛を促すジヒドロテストステロンへ変化することで
脱毛が促進されてしまうことになります。

 

その為男性ホルモンのテストステロンと
α5リアクターゼの結びつきを阻害できれば、
脱毛は怒らないともいえるわけです。

 

フィナステリドにはこのα5リアクターゼの活動を抑え込み、
テストステロンとの結びつきを行わせない効果があるため、
フィナステリドを摂取し続ける限り脱毛を抑制し続けることが可能になります。

 

しかしこのフィナステリドの効果は人によって
その効果が大きく変わるため、万人に効き目があるとは言えません。

 

特にα5リアクターゼは遺伝子的にその量が決まっているため、
もともとα5リアクターゼの量が少ない人はフィナステリドを
摂取した時の効果が低いと言えますし、
逆にα5リアクターゼの量が多い人は、

 

それだけ脱毛を抑える効果を実感できると言えます。
フィナステリドで押さえることが出来る脱毛は、
あくまでも男性型脱毛症であるAGAのみに効果が
あると言うことも重要なポイントだと言えます。

 

その為精神的ストレスからくる脱毛や、円形脱毛症、
薬の副作用による脱毛などには一切効果が無いと言えます。

 

女性の人が服用した場合にも効果はありませんし、
妊娠中の女性がフィナステリドが含まれる錠剤を割ったものに触れた場合、
それだけでもお腹の胎児に重大な影響が及ぶ場合がありますので、
基本的には女性の人は服用や接触も出来るだけ控えたほうが良いと言えます。

 

フィナステリドはα5リアクターゼの活動を抑える働きがあるため、
服用を止めてしまうとまたAGAの脱毛が再開してしまうことになります。

 

α5リアクターゼは生きている限り分泌されるものですので、
脱毛を食い止めたい場合にはフィナステリドの含まれた
薬の服用を止めることが出来ないとも言えます。

 

それとフィナステリドでよく誤解されているのが
育毛にも効果があると言うことですが、
フィナステリドには脱毛を食い止める効果はあるけれど
育毛効果は無いと言うことも知っておく必要があるでしょう。